Photo

33 盛源寺(せいげんじ)

盛源寺は福井市春日にある現在の清源寺(せいげんじ)に相互に関係すると考えられています。清源寺は、明応(めいおう)年中(1492~1501)開山真盛上人(しんせいしょうにん)が天台真盛宗の寺院を一乗谷に建立し、天正年中(1573~92)に福井市の北庄(きたのしょう)に移り、慶長(けいちょう)年中に量覚上人(りょうかくしょうにん)の代に浄土宗に改宗したとされています。一乗谷の盛源寺には、3m近い大きな地蔵をはじめとして、大小約700体の石仏等が存在します。周辺の盛源寺墓原(ぼげん)では約220体の石仏等が確認されています。