Photo

30 上城戸跡(かみきどあと)

上城戸跡は、城下町の南端に位置し、谷幅が最も狭まった場所に築かれた防御施設です。長さ100m、高さ5mの土塁になっていて、土塁の外側には堀が設けられ、敵の侵入を防いでいました。1.7 ㎞北にある下城戸跡(しもきどあと)と対の施設です。この高く長い土塁と濠(ほり)、そして川や山に囲まれた自然の地形を利用して城門を置くことで、南側の守りを固めていました。土塁の上からは、一乗谷の奥まで一望できます。付近からは町屋跡や道路跡が見つかっており、上城戸跡の際まで城下町が広がっていたことも分かっています。上城戸跡の城下外は、下城戸跡外側の城下外と同様に、一帯には町屋が建ち並んで、山裾にはたくさんの墓地を伴う寺院跡が残っていたと考えられています。また、上城戸跡の外には、絵図や字名などから、美濃から逃れてきた斎藤龍興(たつおき)や近江の浅井氏(あざいし)などの有力武将の屋敷もあったようです。さらに、一乗谷の大手道(おおてみち)を西に進むと、東大味(ひがしおおみ)地区に入りますが、ここには、当時、朝倉氏に仕えていた明智光秀の館といわれる館跡があります。現在では、明智神社の祠(ほこら)があります。