Photo

12 平面復原地区 鉄砲鍛冶師

ここは、平面復原地区の中で、火縄銃の部品や鉛地金(なまりじがね)、300 余りの鉛の弾丸など、鉄砲製作に関係する遺物が一括して発見されたところです。弾丸製作の一工程を示すような、容器の中に溶着したままの弾丸や、弾丸の原材料として推定されている鉛棒(なまりぼう)が発見されています。鍛冶(かじ)遺構は確認されていませんが、付近の職人の町屋よりも規模が大きい屋敷跡が確認されており、鉄砲に関わる職人頭の家であったと想定されています。