Photo

1 福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館

1967年から続く長年の発掘調査により、一乗谷朝倉氏遺跡からは、陶磁器をはじめ、石製品、金属製品、紙片、骨など、170万点以上出土しています。これらのうち、2,343点が重要文化財に指定されています。この資料館では、主にこうした重要文化財などの出土品を朝倉氏の歴史、日常生活、茶の湯など、テーマ別にわかりやすく展示しています。一乗谷の地形模型、5代目当主朝倉義景館復元模型なども展示しています。戦国大名朝倉氏とその城下町に暮らした人々の生活や文化について、理解が一層深まることでしょう。