福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館

イベント情報

2020年12月18日~2021年2月16日

資料館テーマ展「よみがえる幻の宝刀 朝倉長光~朝倉氏の清水寺信仰~」

朝倉氏は初代孝景の時代から、京都清水寺の千手観音をあつく信仰していました。朝倉氏の清水寺信仰を象徴するのが、失われた幻の宝刀「朝倉長光」です。この刀は鎌倉後期の長船派刀工・長光の作です。朝倉氏滅亡後、豊臣秀吉の手にわたり、豊臣家滅亡とともに行方不明となりましたが、形状や刃文が詳細に写された刀絵図が残されていたため、ここから復元を試み、刀匠森國清廣氏によって「朝倉長光」の写しが完成しました。本展では、朝倉家の宝刀「朝倉長光」写しを初公開するとともに、一乗谷の刀剣について紹介します。

【展示品】
 ・朝倉長光写し[初公開]
 ・清水寺成就坊宛朝倉義景書状
 ・赤羽刀
 ・脇指(銘・越前一乗住兼則)
 ・安波賀春日神社参詣図
 ・出土刀装具
 ・朝倉始末記など 計15点

【会期】   
 令和2年12月18日(金)~令和3年2月16日(火)
  ※第4回特別公開展「重要文化財は語る 城下町をまもる」と同時開催
 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)  
  ※休館日:12月29日(火)~令和3年1月2日(土)
       1月20日(水)

【会場】
 当館展示室(福井市安波賀町4-10) 

【観覧料】
 常設展と同じ
 (一般100円/高校生以下と70歳以上は無料/障がい者手帳等を
  お持ちの方とその介護者1名は無料/復原町並とのお得な共通
  券有り/20名以上は団体割引料金)

【関連行事】
 ・ギャラリートーク「朝倉長光」写し製作秘話
   (定員40名、要事前申込、先着順)
  日時:令和3年1月17日(日)14:00~15:00
  解説:刀匠 森國清廣 氏

 ・学芸員による展示解説
   (事前申込不要、当日先着順)
  日時:令和2年12月20日(日)・令和3年1月16日(土)の
     14:30~15:00

  いずれも当館講堂にて開催いたします。

【その他】
 新型コロナウイルス感染防止のため、下記の事項についてご協力をお願いします。
 ・アルコールによる手指消毒にご協力ください。
 ・発熱や風邪症状のある方は入館をご遠慮ください。
 ・マスクを着用してください。

一覧へ戻る


遺跡散策

石造物検索

朝倉氏の歴史

一乗谷の特別名勝

展示案内

図録販売

開館カレンダー


福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館

〒910-2152 福井県福井市安波賀町4-10
Tel :0776-41-2301
Fax :0776-41-2494
E-mail:asakura@pref.fukui.lg.jp

※当サイトに掲載されている情報(文章・写真・図表・イラスト等)を著作権者に無断で転載・複製等することを一切禁じます。

Copyright© Ichijodani Asakura Family Site Museum All Rights Reserved.