Photo

20 瓜割清水(うりわりしょうず)

古くから朝倉氏の御膳水(ごぜんすい)に供したと伝えられています。往時からどんな干ばつでも枯れたことがないといわれていて、一乗城山(いちじょうしろやま)から銅の筒で引いてきているとの伝承もあります。夏は冷たく、冬は温かな清水が今でも滾々(こんこん)と湧き出て、地元の方々の生活用水としても利用されています。