特別展Ⅲ「蹴鞠と庭が語る戦国」記念講演会「越前朝倉氏の庭園における和歌・連歌と蹴鞠」

イベント情報

  • 要予約

北陸新幹線福井・敦賀開業記念特別展Ⅲ 戦国大名朝倉氏 武威の煌めき「蹴鞠と庭が語る戦国」

関連企画として、記念講演会「越前朝倉氏の庭園における和歌・連歌と蹴鞠」を開催します。

 

日 時:令和6年7月21日(日) 13:30~15:00 

講 師:山本 啓介 氏(青山学院大学教授)

会 場:一乗谷朝倉氏遺跡博物館 分館あさみゅーホール(講堂 )

定 員:100名(先着順・事前予約制)

料 金:特別展を観覧される場合は特別展観覧券が必要

講演概要:
一乗谷の朝倉館の庭からは泉殿や園池や花壇の遺構が確認されている。そこにはどのような木々が茂り、花が咲いていたのだろうか。一乗谷には多くの貴族や歌人・連歌師が訪れ、歌や連歌や蹴鞠の会が行われた。これらの会の様相と詠まれた作品から、彼らが見た四季折々の庭園の景を考察する。