福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館

出土品ギャラリー

医師の屋敷跡から出土した輸入陶磁器

資料名 医師の屋敷跡から出土した輸入陶磁器 ふりがな いしゃのやしきあとからしゅつどしたゆにゅうとうじき
ギャラリー番号 G009 指定
出土地点 吉野本(51次) 時代 戦国時代:16世紀
法量(cm) 径16.6×高さ3.0 他 材質 磁器
解説文 『湯液本草』の炭化紙片や薬の調合などに使われたとみられる乳鉢や匙が出土した屋敷を医師の家と推定しています。『湯液本草』は中国の医家、王好古が1241年に著した医薬書で常用薬が厳選され、効能などが簡潔にまとめられています。また、同屋敷からは、中国製などからの輸入陶磁器が多数出土したことも特筆すべきことといえます。当時としても骨董品として扱われた憂品が存在します。

出土地点の○番号は遺跡散策のページに対応しています。

一覧へ戻る



福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館

〒910-2152 福井県福井市安波賀町4-10
Tel :0776-41-2301
Fax :0776-41-2494
E-mail:asakura@pref.fukui.lg.jp

※当サイトに掲載されている情報(文章・写真・図表・イラスト等)を著作権者に無断で転載・複製等することを一切禁じます。

Copyright© Ichijodani Asakura Family Site Museum All Rights Reserved.