福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館

出土品ギャラリー

将棋の駒

資料名 将棋の駒 ふりがな しょうぎのこま
ギャラリー番号 G003 指定 国指定重要文化財
出土地点 朝倉館跡 時代 戦国時代:16世紀
法量(cm) 4.0×2.8(「王将」) 材質 木製、樹種:ヒノキ
解説文 昭和48年、朝倉館跡の外濠から174枚の将棋の駒が出土し、共伴した木簡から永禄年間(1558~70)のものであることが判明しました。形態は主に桧のへぎ板を駒形に手作りしたもので、墨書・彫り駒があります。また、進行方向を示す墨線も確認できます。1点だけ出土した「酔象・太子」駒から、現在の将棋の一段階古いタイプであることが推定できます。これらの駒は「朝倉駒」と命名されています。

出土地点の○番号は遺跡散策のページに対応しています。

一覧へ戻る



福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館

〒910-2152 福井県福井市安波賀町4-10
Tel :0776-41-2301
Fax :0776-41-2494
E-mail:asakura@pref.fukui.lg.jp

※当サイトに掲載されている情報(文章・写真・図表・イラスト等)を著作権者に無断で転載・複製等することを一切禁じます。

Copyright© Ichijodani Asakura Family Site Museum All Rights Reserved.