福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館

出土品ギャラリー

リブ付き装飾ガラス容器

資料名 リブ付き装飾ガラス容器 ふりがな りぶつきそうしょくがらすようき
ギャラリー番号 G024 指定 国指定重要文化財
出土地点 朝倉館跡 時代 戦国時代:16世紀
法量(cm) 3.5×4.0 材質 ガラス
解説文 朝倉館跡の井戸から出土したリブ付の装飾ガラス容器です。これまでガラス稜鉢などの名称で呼ばれてきましたが、ガラス工芸史などの研究者によって海外の美術品など所蔵の資料から「ゴブレット」といわれるワイングラスのような形状であったことが推定できました。化学分析の結果、ソーダ石灰ガラスであることが判明しています。材質や形状から16世紀中頃のベネチアで製作されたベネチアングラスと考えれます。

出土地点の○番号は遺跡散策のページに対応しています。

一覧へ戻る



福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館

〒910-2152 福井県福井市安波賀町4-10
Tel :0776-41-2301
Fax :0776-41-2494
E-mail:asakura@pref.fukui.lg.jp

※当サイトに掲載されている情報(文章・写真・図表・イラスト等)を著作権者に無断で転載・複製等することを一切禁じます。

Copyright© Ichijodani Asakura Family Site Museum All Rights Reserved.