福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館

出土品ギャラリー

鉄砲関連遺物一括

資料名 鉄砲関連遺物一括 ふりがな てっぽうかんれんいぶついっかつ
ギャラリー番号 G010 指定 国指定重要文化財
出土地点 赤淵(17次) 時代 戦国時代:16世紀
法量(cm) 弾大:径2.1、弾丸小:径1.2 他 材質 金属製
解説文 第17次調査の際、後に第44次調査となる場所で、電柱移設の立会調査を実施しました。その際に出土したのが火縄銃の部品や坩堝、鉛地金、弾丸などの鉄砲関連遺物の一括資料です。坩堝に入った弾丸は、溶着したままの状態であることから、弾丸製作の一工程を示すと考えられています。また、鉛棒は弾丸の原材料であることが考えられ、各々長さなどは異なりますが、出土量は合計1貫目(約3.76kg)です。出土した区画は、付近の職人の町屋より規模が大きいことから、鉄砲に関わる職人頭の家ではないかと推定しています。

出土地点の○番号は遺跡散策のページに対応しています。

一覧へ戻る



福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館

〒910-2152 福井県福井市安波賀町4-10
Tel :0776-41-2301
Fax :0776-41-2494
E-mail:asakura@pref.fukui.lg.jp

※当サイトに掲載されている情報(文章・写真・図表・イラスト等)を著作権者に無断で転載・複製等することを一切禁じます。

Copyright© Ichijodani Asakura Family Site Museum All Rights Reserved.